お知らせ・ニュース

2019.04.17

海のハンター展 ~狙った獲物は逃さない!~

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%82%a42

海のハンター展 ~狙った獲物は逃さない!~

陸のみならず、海の中でも生物達は食うか、食われるかの生存競争を繰り広げています。

捕食者(ハンター)達はその過酷な競争の中を生き抜く術として、ある者は獲物を捕らえる為により早く泳ぎ、またある者は強力な毒を備え、ある者は擬態で欺くなど、狩りをするための能力を独自に進化させてきました。ニクスではニクス城2階の特別展示スペースにて多様なハンター達を展示し、その驚くべき生態を「狩り」のシーンを捕えた映像や給餌解説も加えて紹介していきます。

 

■展示期間   2019年4月20日(土)~11月4日(月)

■展示場所   ニクス城 2階 特別展示スペース 

■展示生物数  12点~

 

※期間中の土日祝日(GW・お盆を除く)の15:45からは給餌解説も行ないます。

 

肉食系ウミウシ『ハナデンシャ』

%e8%82%89%e9%a3%9f%e7%b3%bb%e3%82%a6%e3%83%9f%e3%82%a6%e3%82%b7%e3%80%80%e3%80%80%e3%83%8f%e3%83%8a%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a3

赤と黄色の水玉模様がかわいらしいまるでスイーツのようなウミウシの仲間。

見た目とは裏腹に、クモヒトデしか食べない

偏食生物である。      

 

魚類最速『カエルアンコウ

%e9%ad%9a%e9%a1%9e%e6%9c%80%e9%80%9f%e3%80%80%e3%80%80%e3%82%ab%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%82%a6

疑似餌を使って餌をおびき寄せ、大きな口で

水ごと吸い込む。

その速度0.07秒 魚類最速のハンター。

しかし泳ぐのは苦手で、ヒレを使って歩く魚としても有名である。

 

 

ハードなパンチで獲物を粉砕『モンハナシャコ』

%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%aa%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%81%e3%81%a7%e7%8d%b2%e7%89%a9%e3%82%92%e7%b2%89%e7%a0%95%e3%80%80%e3%80%80%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%83%8a%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%82%b3

繰り出されるパンチの威力は「水槽のガラスを粉砕し」「水中で手袋をはめたダイバーの爪を割り」「体長15cmの時点で22口径の拳銃から発射された弾丸」と同じ威力があると言われている。

貝や蟹の甲羅を叩き割り捕食する。

 

大鋸のハンター『ノコギリエイ』

%e5%a4%a7%e9%8b%b8%e3%81%ae%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%80%80%e3%80%80%e3%83%8e%e3%82%b3%e3%82%ae%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4

その名のごとく、ノコギリのような 吻(ふん)を持ち、それを振り回し、獲物に傷を負わせて弱ったところを捕食するエイの仲間。

※ノゴギリエイの吻は皮歯(楯鱗)と呼ばれる鱗が巨大化したものである。

一覧へ戻る

PAGE TOP